歯医者のクリーニングは定期的に受けておこう!

健康な歯で一生過ごすために

あなたが歯医者に行く時は、どのような時でしょうか

最近は、歯周病を防ぐための歯ブラシや歯間ブラシ等があり、歯周病そのものにも注目されるようになりました。
以前は、虫歯ばかり注目されており、歯茎にはあまり注意されていなかったのです。
しかし、生活習慣病が注目されており、口腔内の事が関係する事も注目されています。
8020という言葉を、ご存知でしょうか。
これは、80歳でも自分の歯が20本残っている、自分の歯で食事が出来るという事です。
そもそも、何故、人は自分の歯を生えそろった永久歯を失ってしまうのでしょうか。
口腔癌などの病気の治療の為、止むを得ず自らの歯を抜かなければならなかった人を除き、多くの人が歯を失う原因として歯周病が挙げられます。
つまり、自分の口の中の衛生環境の悪さが招いた生活習慣病で、歯を失う人が多いのです。
皆さんがご存じの歯槽膿漏は、歯周病の1つです。
歯槽膿漏にかかり、歯が抜けてしまう事もあるのです。
また、歯周病は一度罹ってしまったら、何度も再発するか他の場所も歯周病に罹り易いそうです。
しっかりと、歯科医院で歯磨きの指導を受け、定期的にメンテナンスすることが、歯周病で歯を無くしてしまう事が無いようにする、とても大事です。
歯周病は、内蔵にまで悪影響を及ぼします。
特に、循環器系の疾患に関係する事が多く、歯周病菌が血管を通して心臓まで達すると、心筋梗塞などを起こすリスクが高くなる事が分かりました。
たかが虫歯、歯周病などと侮らず、歯に違和感がでたら歯科医を受診し、しっかりと治療したうえで、歯磨きの指導や、定期的な健診を受ける事が、8020を可能な事に出来るかもしれません。





ページの
先頭へ