健康な歯で一生過ごすために

歯周病を放置しておくと、歯を失う事になります

保険適用内の診療

歯のクリーニングで保険が適用とされるのは、歯周病の治療としての一環として行う歯石の除去等です。
どんなに時間をかけて完璧に歯磨きをしたつもりでも、歯に付いたゴミ汚れを100%取り除く事はほぼ不可能だといわれています。
取り切れなかったゴミが歯茎と歯間に溜まり、やがて虫歯や歯周病の原因となる歯石となって現れるのです。
厄介な事に、この歯石を自分で取り除くことはできないそうです。
歯科医院で虫歯の治療や歯周病の治療として、取り除く人がほとんどだそうです。
治療としてですから、これは保険診療の適用となるわけです。
結果的には歯のクリーニングとなりますが、治療の一環として行えば、支払いも保険適用ですから負担も軽くなります。

保険適用外の診療

保険適用外の歯のクリーニングとは、どのようなものでしょうか。
利用する人が多いのが、まず、ホワイトニングではないでしょうか。
治療する必要がある歯ではないけれども、色が気になる人が利用するようです。
歯の色を気にせずに、思いっきり笑顔で会話を楽しみたいという人は、定期的にホワイトニングを行っているようです。
ただし、保険適用外という事は、自由診療の価格設定となるので、予め調べ、通院が必要となる頻度も調べておいた方がよさそうです。
歯の矯正も保険適用外です。
幼い子供の成長に合わせて、歯の矯正具もそれに合わせて交換しなければなりません。
装着した矯正具により、虫歯にもなりやすく、何より精神面でも負担をかけやすい治療です。
経費も、装着する側の精神面も考えて、歯科医の選択は慎重にしたいものです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ